2015年12月15日火曜日

最近観たさくひん







舞台「水仙の花」と映画「恋人たち」。

舞台「水仙の花」(城山羊の会)は、可笑しくて、恐ろしくて、エロい…そんな作品でした。
人間の嫌な部分がすごく色濃く出てました。でも、そこが笑えちゃうんですけどね。
そして、吹越満さんて、なんだか不思議なエロスがある。。。



映画「恋人とたち」(橋口亮輔監督)は、
じっくり引き込まれて観てたら、あっという間に終わってしまった。

生きる事の難しさ、死ぬ事の難しさ…

とてもとても素敵な映画でした。